2007年06月21日

ジャガイモのニョッキ

こんにちは。13歳の時イタリア旅行をしてごはんのおいしさ、
美しい街、生き方、に感動したぽっちりです。

大人になった今、その影響か田舎で暮らしながらスローフードを楽しむ、
スローライフ的な生き方を摸作中。

そして将来、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。

梅雨に入った今日この頃。やっとやってきた晴れの日に、
畑でできたジャガイモを収穫しました。

ほっくほくのとれたてジャガイモは、蒸してそのまま塩をふって
皮ごと食べるのもおいしいですが(息子も大好き)、たまにはイタリアン!
ジャガイモのニョッキもおいしいですよ!

(ちなみにニョッキとはゆでたジャガイモやカボチャ、ほうれん草などに
 小麦粉を混ぜてお団子を作り、チーズやトマトなどのソースをかけて食べるもの。)


最近はプチトマトがちらほら収穫されています。
小さな息子と畑に行って、おやつ代わりにぷちっと摘んで食べるのが楽しいこのごろ。
じめじめした天気の時はトマトソースでさわやかにしゃっきりしたいなあ。


<ジャガイモのニョッキ☆トマトソースがけレシピ>

ニョッキ材料:

ジャガイモ3個  小麦粉150g  塩コショウ少々  オリーブ油大さじ1

トマトソース材料:

トマト水煮400g  オリーブ油大さじ2 にんにく一片 ローリエ一枚
塩コショウ少々 好みでパルメザンチーズ少々


ニョッキの作り方☆

1、ジャガイモは皮ごとゆで、皮をむきます。

2、ジャガイモを裏ごししてボールにいれ、小麦粉、塩、オリーブ油を加える。
 手でなめらかになるまでよくこねて、耳たぶくらいの固さになったらひとまとめにする。

3、まな板に粉少々をふり、太さ1,5cmくらいの棒状に伸ばし、1,5cm幅に切る。
  切った生地にフォークで筋模様をつけます。

4、塩ひとつかみを入れたお湯で3をゆで、浮いてきたら出して水気をきります。


トマトソースレシピ☆

1、鍋にオリーブ油、にんにく、ローリエを入れて香りが出るまで炒め、
  手でつぶしたトマト水煮を入れて煮立てます。

2、塩コショウを入れて中火で10分、時々混ぜつつ煮ます。

3、ゆでたてのジャガイモのニョッキにトマトソースをかけて、できあがり!
  好みでパルメザンチーズをふってどうぞ。

☆ニョッキはとにかくできたてを食べるのがおいしいですよー。


ではまた。ぜひトライしてみて下さい。

将来、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しているぽっちりでした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form