2007年06月20日

やっぱりフェラーリ

Buon giorno (ボンジョルノ)

ボンジョルノ、イタリア車について熱く語るフェラーリ伊達です。

   「やっぱりフェラーリ」


フェラーリを買うにあたっての心構えをさんざん書いてきたんで
そろそろ、個別の車種について書きたいなと思っています。

V6エンジンのディーノから、リトルフェラーリと呼ばれている
V8エンジンの308、328、348のシリーズ。

そして、V12エンジンを搭載したフルサイズフェラーリ。

それぞれに、個性があふれていてひとつひとつを紹介したくなるものです。

と言っても、全ての車種に乗って運転したというわけではないんですが、
それでも、ほとんどの人が経験していないくらいの数には乗ってますぞ。

僕の試乗インプレッションも含めながら
それぞれの車種のスペックや特徴を紹介していこうと思っています。

特に、若かりし頃
イタリア留学していた頃の記憶をよみがえらせながら
楽しかった、そして辛かった、はたまた甘酸っぱかった頃の記憶・・・・。

日本では、フェラーリといえば、高級住宅地に鎮座されているんだけど
やっぱり、イタリアの片田舎のワインディングロードを
タイヤをきしませながら走るのが一番似合っていると思うんだよね。

あーーー、
こんなことを思い出すと
またまた僕の血が騒いできます・・・・・。


このコラムは
イタリア留学経験あり、新婚旅行イタリアイタリア旅行好きの
ちょい悪オヤジ、フェラーリ伊達が書いています。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form