2007年06月11日

佐藤琢磨 スーパーアグリ 2007年F1カナダGP6位入賞3ポイント

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

やった~ スーパーアグリ 佐藤琢磨 カナダGP 6位入賞~~~ おめでとう!

いやぁ~、すばらしい。よもやこんなことになろうとは。
琢磨君、今年を見ると、ホンダ(BAR)に残留しなくて正解だったねっ、て感じだね。

昔、ウォルターウルフのウルフWR-1が、ジョディ・シェクターのドライブで、デビュー戦で優勝する、という快挙がありましたが、当時はほとんどがプライベーター。

ほとんどがフォードDFVエンジンを積んでいるという時代。ハーベイ・ポスルズウェイト(後に、中嶋悟や片山右京がドライブしていた時代のティレルのデザイナー)が手堅く開発したマシンでも、勝てた時代。

今や、フェラーリ、メルセデス(マクラーレン)、ホンダ、ルノー、BMW(ザウバー)、トヨタ、と、世界の大メーカーが群雄割拠する現代F1

出来たばかりの、弱小プライベーターが立ち向かうのは、そんな巨人たちである。
これら6メーカー12台のマシンに加え、プライベーターながらF1トップチームのウィリアムズの2台を相手に戦うのだ。

プライベーター(ウィリアムズは除く)は、1ポイント、すなわち10位に入賞することすら厳しい。

6メーカ+ウィリアムズの7チーム、14台のマシンを切り崩さなければならない。運よく、これらのチームの内、5台がつぶれたときに、中堅、弱小プライベーターのトップを走っていなければならないのだ。

昨年、第1戦バーレンGPのグリッドにつくことさえ奇跡といわれた、スーパーアグリのF1参戦。
2年目にして、8位、6位と2度の入賞。

不可能を可能にした、とさえ思えるのだ。

やる気、元気、本気

スーパーアグリには、これが満ちているに違いない。

出来ない、と思えば出来ない。

しかし、ひたすら希望を捨てずにがんばり続ければ、成功を信じて、成功するまであきらめずに続ければ、願いは必ずかなうのである。

スーパーアグリと佐藤琢磨は、それを現実の姿として見せてくれたのだ。
鈴木亜久里と佐藤琢磨の求心力、人をひきつけ、やる気にさせる力。
フェラーリを立て直したミハエル・シューマッハよりもすごいぞ。

ああ、この時代に生きていてよかった。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form