2007年06月03日

ヴェネチアの夜の散歩

はじめまして。13歳の時イタリア旅行をしてごはんのおいしさ、美しい街、生き方、に感動したぽっちりです。
大人になった今、その影響か田舎で暮らしながらスローフードを楽しむ、スローライフ的な生き方を摸作中。
そして将来、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しています。

イタリア旅行に行った時、好きだった街はヴェネチア。
霧がかった街の幽玄な印象。すごく古い町並みが残っていてとてもきれいでした。(実際に暮らしている人達は維持など生活が大変なところもあるみたいですが・・・)


なかでも一番の思い出は、夜の街を歩いて教会へ音楽を聴きに行ったこと。
ヴェネチアは迷路のような町で私たちはぐるぐる歩いて回って、迷っていました。
暗闇の中の街も、黄色い街頭の光もほのほの灯ってきれいだなあと思いながら。。


迷っている私たちに地元のイタリアのおじさんが、寄ってきて地図を一緒に見ながら一生懸命何度も道を教えてくれました。すごく親切な方で、心があったかくなりました。


そしてついに教会へ到着。教会に着いたとたんに、歩き疲れて音楽を聴きながら眠ってしまいました(!)。

うとうと眠りながら音楽に包まれているようで気持ちよかったのを憶えています。


その後、教会から帰る途中、友達とわかれて、母と一緒にバールでホットチョコレートを飲みました。
寒い夜にほっこり、あったかいチョコの味は体も心もあったかくなるようでおいしかったです。ホットチョコレートを飲みながらカウンターの窓辺から見た夜の街もきれいでした。


どんな国でも散歩すると、そこの人の生活や時間に触れられる気がします。
もちろんいつも住んでいるお家の近所を散策するだけでも、色んな風景に出会えて楽しいです。気がつけばあるもの、を大切にして毎日を過ごすことはとても豊かな時間をくれるような気がします。

それからというもの、チョコ好きの私はたまにホットチョコレートを飲みたくなります。
簡単レシピは
①ビターチョコレート80gを細かく刻んで鍋に入れ、熱湯100mlを加えて溶かします。
②牛乳200mlを加えて火にかけ、温めてできあがり。
ぜひ試してみてね。


ではでは、今回はこのへんで。
将来、イタリア家庭料理を学びに、子連れイタリア留学を目指しているぽっちりでした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form