2007年06月17日

イタリアのF1チーム ライフ

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

キミはライフを知っているか!

今日は、2007年F1第7戦アメリカGP。第6戦では6位3ポイントをとった佐藤琢磨選手でした。ここ、インディアナポリスでは、かつて3位表彰台を取ったところ。予選順位はいまひとつでしたが、ゲンの良いサーキットなので、頑張ってくださいね。

さて、今回は、イタリアF1チーム、ライフについてです。

ライフって知ってます?
知らない人が多いじゃないかな。えらくマイナーです。
でも、すごいチームです。

え~、ライフって、1990年にF1参戦していたチームです。


すごいぞ!その1

参戦GP、全戦予備予選落ち。

たとえば第9戦ドイツGPでの予備予選結果
順位 ドライバー コンストラクター エンジン
1 P.アリオー リジェ フォード
2 N.ラリーニ リジェ フォード
3 O.グルイヤール オゼッラ フォード
4 Y.ダルマス AGS フォード
5 G.タルクィーニ AGS フォード
6 R.モレノ ユーロブルン ジャッド
7 B.ガショー コローニ フォード
8 C.ランジェス ユーロブルン ジャッド
”9 B.ジャコメリ ライフ ライフ”

すごいぞ!その2

超絶のエンジン。

W型12気筒!!!!
4気筒を3つ並べたW型エンジン。Life L190/1というマシンに、ライフ製のこのエンジン。フォードとか、ジャッドとかのエンジンじゃなくて、自前、それも前代未聞のW型ですぜ。

エンジンの全長を短く、かつパワーを出すべく12気筒。うわあ、めちゃくちゃチャレンジャー魂の塊です~。

さすが、イタリアン。やることに夢があるぞ!

しかし、前述の通り、予備予選さえまともに走らずじまいだったねぇ。

かく言うワタシも、ライフが走行している映像を見たことがありません。


ちなみに、ドライバー。

ブルーノ・ジャコメリ
イタリア人ドライバーです。

この人、ベテランでね、1952年生まれ。F1も、1977年から1983年まで出走しているし、ポールポジションや、3位表彰台に立ったこともあります。

そのジャコメリをもってしても走らなかったライフ。

メーカーの威信がひしめく現在のF1では考えられないような、夢のチームが参戦していた1990年でした。

そういえばこの年は、スバルも水平対抗12気筒エンジンをさるチームに供給していたなぁ。

文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form