2007年06月22日

イタリア留学で出会ったイタリアピザの魅力 イタリアピザの食材「オリーブ2」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回はイタリアピザに使われる食材、
オリーブとオリーブオイルについてお話しました。


今回も引き続きオリーブについてこだわってみま~す。


オリーブの木って、日本でも育つの知ってました?
アントニオは全然知りませんでした。


実は食用だけじゃなく、観賞用としてもオリーブの木は素敵なんです。笑


オリーブの木ですが、日本国内だと瀬戸内海沿岸で広く栽培されているみたいです。
東北とか北海道では栽培されていません。
なぜかといいますと、霜や凍結に非常に弱いので枯れちゃうんですね。
-2℃くらいなら大丈夫みたいですが、それ以下になっちゃうと
オリーブの木には厳しい環境なのです。


それでも「北海道でオリーブの木を育てたいんだい」って言う人は
鉢植えにして冬は室内で育ててください。
霜が降りて凍ることがなければ大丈夫ですから。


オリーブの木は地植えすると7mくらいになるんですが、
観賞用ですと1~2mくらいまでしか育ちません。
植える場所にも拠ると思います。


オリーブの葉はヤリの穂先のように細長い形をしています。
で、葉っぱの裏側は銀緑色なんです。
小さな白い花がたくさん咲いてその後に実ができます。
ですが、実ができるのは苗木から育てた場合は4~5年くらい経ってからになります。
大鉢に植えて玄関先のアプローチに飾ると素敵ですよね~。


オリーブの木を鉢植えで育てる場合の注意点を1つ。
鉢の中が根でいっぱいになってきたら12月頃に植え替えしましょう。
鉢からオリーブの木を出してまわりの土を半分くらいくずして傷んだ根を取り除きます。
そして、以前使っていた鉢より一回り大きな鉢に新しい用土で植え付けましょう。
生長の早いものなら1年に1回、遅いものでも2年に1回は植え替えをしてくださいね。


オリーブの実は食べてもおいしいし、オリーブオイルも料理を美味しくするし、
その上、観賞して目で楽しむことができるんですね~。


今日はここまでにしますね♪
次回もお楽しみ~。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザに使われるオリーブについて書きました。チャオ~♪

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form