2007年06月02日

イタリアの歴史031共和政ローマ24(マリウスとスッラの抗争・後)

スッラがローマを発ったところへ兵を率いたマリウスが帰還し、
再びローマは民衆派のものとなります。

マリウスはスッラ派の人々だけではなく、
自分の追放に反対しなかった、
という理由で元老院議員たちまでも処刑します。

スッラ派を壊滅させて7度目の執政官に就任したマリウスは、
その直後に亡くなってしまいます。


ミトリダテス討伐をしていたスッラは、
前83年に講和を結んでイタリアへ遠征軍を率いて戻ってきます。

しかし、上陸してからローマへ戻るまでは、
スッラによる報復を恐れた民衆派の必死の抵抗にあい、
2年の歳月を要しました。


イタリアに留学するなら、
イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form