2007年05月31日

イタリア鉄道の旅で行くマッジョーレ湖

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

ミラノからイタリア鉄道に乗って40分ほどでマッジョーレ湖に着きます。マッジョーレ湖と言えばボッロメオ(Borromeo)諸島とよばれる島がある湖で有名です。

イタリア留学をした際には、マッジョーレ湖の島巡りは欠かせません。ストレーザから島巡りの遊覧船が出ています。その遊覧船はが1時間おきに出ています。ボロメオ家の館があるベッラ島、小さな漁師の島ペスカトーリ島、植物の島マードレ島と3つの島を半日かけて遊覧できます。

私の一番のお気に入りの島は、ベッラ島。ボッロメオ伯爵が建てた宮殿と庭園があり、宮殿内も綺麗ですが、庭園も最高です。また庭園からはマッジョーレ湖が一望できるのです。ベッラ島からマッジョーレ湖を眺めながら、ボッロメオ伯爵はなんて贅沢な生活をしていたのかと想うばかりです。

さて、そろそろマッジョーレ湖を後にしてイタリア鉄道の旅の続きを再開しましょう。次回はシンプロン・トンネルへと向かいます。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form