2007年05月11日

イタリア留学で出会ったイタリアピザの魅力 イタリアピザの食材「トマト」

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回は「本場イタリアピザの美味しいピッツェリア紹介7」についてお話しました。
フィレンツェにあるお店「スポンティーニ Spontini」を紹介しました~。
イタリア留学に行く際には是非行ってみてください。


今回はちょっと趣向を変えていきたいと思います。
イタリアピザに使われているトマトについてこだわってみました。


で、日本国内のトマトの状況を調べてみました。
主要生産量トップ5を順に挙げますと


1位:熊本県
2位:千葉県
3位:北海道
4位:茨城県
5位:愛知県


なんですね。さらに取れる季節を調べてみました。


熊本県は夏秋どり:7月上旬~11月下旬、冬春どり:10月下旬~6月下旬。
千葉県と茨城県は夏秋どり:8月上旬~11月中旬、冬春どり:11月上旬~7月下旬と10月中旬~2月下旬の2種類。
北海道は夏冬どり:5月上旬~11月上旬。
愛知県は冬春どり:9月上旬~7月下旬。


年中取れるってことですね。笑


但し、トマトの味は土地というか土の種類によっても違ってきますよ。
米なんかがそうなんですよね~。
山で作る米と平野で作る米は味がちがいますよ。わかります?
違いのわかる男=アントニオ山田です。笑


で、当然、イタリアで取れるトマトと日本で取れるトマトでは味が違います。
なので、イタリア留学もしくはイタリア旅行に行ったときには
イタリアピザを食べるのももちろん重要ですが、笑
生の食材を味わってください。
日本とイタリアでどれだけ味が違うか堪能してくださいね。


今日はここまでにしますね♪
次回もお楽しみ~。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザについて書きました。チャオ~♪

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form