2007年05月07日

イタリア鉄道の旅(ミラノ~トリノ)

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

今回のイタリア鉄道の旅は、オリンピックが開催され、フィギュアスケートの荒川静香選手が金メダルを獲得したトリノです。

トリノはフランスとの国境沿いにある街です。ミラノからはミラノ中央駅でインテルシティ(IC)かユーロシティ(EC)に乗車し約120分、ポルタ・ヌオーヴァ駅かポルタ・スーザ駅で下車します。

トリノ市内の交通は、バスとトラム、そしてオリンピックに合わせて開通した地下鉄があります。

またトリノはヨーロッパ最高峰モン・ブランをイタリアから観光する時の出発地になります。モン・ブランの観光トリノのポルタ・ヌオーヴァ駅から鉄道で約2時間半、各駅停車のレジョナーレに乗りアオスタ駅で下車します。

さらに約50分、各駅停車で、標高1004mのプレ・サン・ディディエールに行きます。ここまで来ればモン・ブランが目の前にそびえ立っています。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form