2007年04月25日

イタリア留学、小麦とイタリアチーズの話熟成7

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・

言いませんが^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリーから今回は、
イタリアチーズ大好きの七番、熟成”をお伝えします。


1週間もイタリアチーズを語っていますと、大好きな小麦料理を忘れてしまいそうですね

フレシュタイプ以外のチーズは、熟成によって完成します。


じゃ・・熟成って?

はい、一定の温度と温度に保った環境に置くことで、独特の風味生地を作り出すことです。


イタリアチーズのチーズ内の凝乳酵素や乳酸菌が、タンパク質や脂肪をアミノ酸や脂肪酸に分解することや空気中の 自然のカビや 人工的に加えたカビが生地に作用して独自の風味成分が 作りあげられています。

熟成期間は、ほんの数日間からパルミジャーノのように2~3年もかけるものまでさまざまですね。

タレジョという名のイタリアチーズは、タレジョ渓谷の洞窟の中で熟成される その洞窟の中はなんと1年を通して湿度、温度が、安定している素晴らしい熟成庫ということは、天然冷蔵庫ですね。


イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・

言いません^^イタリアマンマに憧れる


こちら  イタリーからは、

イタリアチーズ大好きの七番、熟成”をお伝えしました。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form