2007年04月19日

イタリア留学,小麦とイタリアチーズの話,塩を加える 6

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・

言いませんが^^イタリアマンマに憧れる


こちらイタリーから今回は、
イタリアチーズ大好きの六番、塩を加える”をお伝えします。

実に・・イタリア留学で小麦粉料理なのですがイタリアチーズ大好きでチーズ話の1週間になりそうです^^。


小麦料理と切っても切り離せない程相性のいいチーズ、イタリア留学するなら食文化の留学  ワクワクですよ^^♪


なかなか学びがいがあります。歴史と楽しさです。なによりもおいしいですからイタリアチーズと小麦料理に興味を感じたらもう行きたくなっちゃう^^ですねぇ~


では、そんなチーズ話の続きから 殺菌と保存効果のために塩を加えるのですが、もちろん、フレッシュチーズには、塩無しです。


熟成チーズなら全て期間の長い短いに関わらず塩水プールへ 目的は、酸化、腐敗防止とまた別の目的としては、塩の脱水効果です。ホエー(乳清)が出やすくなるためとのことです。


旧式や伝統的なイタリアチーズ、ペコリーやゴンゾーラはなんと 塩まぶし手法、現在は、かなりマイルドな塩味が好まれるため、塩水プールが主流になっているそうです。

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・

言いません^^イタリアマンマに憧れる

こちらイタリーからは、
イタリアチーズ大好きの六番、塩を加える”をお伝えしました。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form