2007年03月29日

マリオ アンドレッティ2

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”
イタリア生まれのアメリカ人F1ドライバー マリオ アンドレッティ その2


で、アメリカにわたったマリオ アンドレッティ。1964年からUSAC(後のCART)シリーズに参戦するようになりました。

彼ががF1に出場したのは、1968年からだそうで。大阪万博以前ですな。このときは、F1専任ではなくて、他のカテゴリーを縫ってのスポット参戦でした。
しかしですよ、やっぱりこの人、只者ではなかった。デビュー戦のイタリアGPでポールポジションをとってしまったー。

このときのチームはロータスでした。

マリオ以外で、デビューでのポールポジションは、ジュゼッペ・ファリーナ(私もこの人は知りませんな)、カルロス・ロイテマン、ジャック・ヴィルヌーヴだけなんだって。
イタリア生まれで、イタリアGPでF1デビューして、ポールポジション。
うむ、このサイトにどんぴしゃなひとじゃぁないですかぁ~。

ところで、前述のジュゼッペ・ファリーナ、ちょっと調べてみたら、この人もイタリア人だった。F1は1950-55年。博士号を持つインテリドライバーで、5回も優勝しているのだった。恐るべし、イタリアンパワー。デビューでポール取ったドライバーの5割はイタリアンだった。

文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form