2007年03月28日

イタリアのチーズ フレッシュチーズ

チャオ!


今日は新春似合わせ、フレッシュなチーズです(笑)

フレッシュチーズはあまり熟成させない種類のチーズで、
ヨーグルトやクリーム状のものが多いですね。

チーズの製造過程の初期段階で、
そのまま製品化したものがフレッシュチーズです。

マスカルポーネ
リコッタ
モッツァレラ
フィオレロ


よく聞く名前のものもありますが、
イタリア料理の前菜で、スライストマトとともにお皿に盛られて出てくるチーズ、
モッツァレラについて今日は書いてみます。

モッツァレラは水牛の乳から作られるチーズですが、
あの独特の食感はお餅を思い出させますね。
以前にイタリアに留学した友達と、
「あのもっちゃとした食感から、呼び名が決まったのか?」と話してました。
だって、モッツァレラ、お餅… 何となく似ていません?


モッツァレラの名前は「ひきちぎる」という意味から付けられた名前なんです。
チーズの製造過程で、お餅状態のチーズを引きちぎって球形に整形することから、
「モッツァレラ」の名前がついたのだそうです。

モッツァレラチーズの食べ方と言えば、
最初に書いた前菜、サラダなどの生食。
ピザパスタ、特にラザニアなどに使いオーブンで焼くものなどに使われますよね。


特に生食は、
トマトに合わせるほかにも、
生ハム、スモークサーモンに合わせるなんて食べ方もありますね。

そして生食の場合、素材そのものの味を味わうことになりますので、
チーズの産地に、取れた素材の産地を合わせるなど
相性を合わせると、尚おいしくいただけます。
あぁ、記事を書いてても、たまんないっ。


イタリアへ行く時は、イタリア留学中の知人宅に押しかけるお騒がせ人間の”Mieさん”でした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form