2007年03月23日

レラ ロンバルディ

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

さて、これまで何人ものナイスイタリアンガイを紹介してきたこのコラム、いよいよ登場するのは、レラ ロンバルディ。

最強の、女性F1ドライバー。イタリアは、ピエモンテ州アレッサンドリアの出身。

彼女のF1活動は、1974年から1976年。ブラバム、マーチ、ウィリアムズをドライブしました。

彼女は、唯一の、ポイントを稼いだ女性F1レーサーなのだ。ポイント数”0.5”
なに、0.5って、て思うでしょ。

彼女は1975年のスペインGPで入賞、通常なら、6位は1ポイントが与えられるのですが、このときは死亡事故によりレースが中断、ポイントが半分になったのです。

その後、1992年に癌で亡くなったそうです。

彼女は史上2番目の女性F1ドライバー。初代は、マリア=テレーザ・デ・フィリッピスと言う人。さすがの私も、初代の人は知らないなぁ。

あと、女性ドライバーといえば、ブラバムをドライブした、ジョバンナ アマティがいましたね。ブラバムには、日本の中谷 明彦が内定していたのだが、スーパーライセンスが中谷に下りずに参戦を断念、変わりにアマティがシートを得たのよ。結局、予選も通過しなかった記憶があるなぁ。

やっぱり、レースって、男が有利なスポーツなんだろうね。

文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form