2007年03月25日

イタリアのチーズ 軟質チーズ

チャオ!


今日はイタリアではあまり種類が少ないチーズ、軟質のチーズです。
一般的にはカマンベールチーズがよく知られていますが、
イタリアを代表する軟質チーズには、次のようなものがあります。

タレッジョ
トーマ・デラ・ヴァルクビア

トーマ・デラ・ヴァルクビアはカマンベールチーズタイプですが、
今日はタレッジョについて。


タレッジョチーズは1000年近い歴史を持つチーズで、
イタリア、ロンバルディア州タレッジョ村で作られます。
牛乳から作られるウオッシュタイプのチーズです。

ウオッシュタイプとは、外皮を水やお酒で洗って熟成させるものですが、
タレッジョは塩水で表面の青カビを洗い流しながら熟成させます。
外はオレンジ色で、中はソフトで穏やかな香りとほのかな酸味を感じさせ、
マイルドで、クセがないところからも万人受けするチーズですね。

デザートチーズとしてもよく使われ、
オードブルなどにもよく顔を出しますよ(笑)
ワインならミディアムボディあたりのワインがいいですね。

実は一昨日、帰宅後あまりご飯を食べる気にもならなかったので、
このタイプのチーズと赤ワインをいただきましたが、
すっかりまったりしていました。 いい感じ…


イタリアへ行く時は、イタリア留学中の知人宅に押しかけるお騒がせ人間の”Mieさん”でした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form