2007年03月20日

イタリア留学で出会ったイタリアピザの魅力 イタリアピザの正しい食べ方5

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回は「イタリアピザはお熱いうちに食す」についてお話しました。
イタリアピザの粋な食べ方は少し小さいピザを時間差をつけて2枚頼むでしたね。
ちょっとした工夫でアツアツのピザを楽しめちゃいます。


今回は「イタリアピザに一品添えて」についてお話しますね。
ん?ピザに何を添えるのだろうと思ったでしょう?
本場イタリアはちょっと違うんです。


本場イタリアピザの粋(いき)に美味しく食べるお店での食べ方とは?


イタリアピザは一品完結が原則~~~~~~!!
でも、ちょっとしたフライを合わせることもある~~~~~!!


それって、「反則じゃないの?」って思いました?笑
実はですね。本場イタリアピザは庶民に好まれて発展した食べ物なので
イタリアピザだけでもお腹いっぱいになる一品完結料理なんですね。基本的には。


だから、ナポリのピッツェリアには本当にピザだけしかないんです。まじで。笑
アンティパスト(前菜)はもとより、コーヒーさえもおいていないところも多いんです。
知ってました?


しかし、ナポリのピッツェリアならではのサイドメニューが準備しているところもあります。
どういうものかといいますと、コロッケやナスのフライがあります。
そのほかにもピッツァの生地を揚げたものがあったりと
簡単なフライ類が食べたれるところがあるんですよ。
ちょうど、日本人がラーメンを食べるときに餃子をつまんだりするのと似ていますね。


今日はここまでにしますね。
今回でイタリアピザの正しい食べ方を終わりたいと思います。
次回は「真のナポリピッツァ協会の認定店」と題しまして書きますのでお楽しみ~。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザについて書きました。チャオ~♪

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form