2007年03月14日

アレッサンドロ ナニーニ その2

あなたにまたお会いできてうれしいです。
独断と偏見で綴るこのコラム、またまた、あなたに読んでいただけて光栄です。

さてさて、今日はホワイトデー。まったく、商魂たくましい日本人、まんまと手玉に取られて財布が軽くなるお父さんたち。
ワタシャ、そんな風習には負けません!!
実は、かみさんと娘に、プレゼント買うのわすれた・・・・・^^; だけなんですが~

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

さてさて、アレッサンドロ ナニーニの第2回目。

波乱の1990年。

1990年も、ベネトンをドライブ。そして、あのフェラーリがナニーニに目をつける。しかし、結局は、ジャン アレジがフェラーリに入り、ナニーニのフェラーリ行きはなくなった。

一説によれば、セナ、アレジ、カペリなどと四又をかけられていたことと、単年契約であったため、自分からフェラーリ行きを蹴ったとも。これが、「フェラーリきを蹴った男」と呼ばれる所以である。

それでもって、スペインGPでは、フェラーリ1-2フィニッシュのあと、ナニーニが3位になるのだが、フェラーリと一緒にシャンパンファイトをするのがいやになって、早々に引き上げちゃったんだって。

ところが、ここで人生が大きく変わる出来事が。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form