2007年03月12日

二度目の結婚

イタリア映画の中で大人のラブストーリーといえば

「二度目の結婚」

という映画がおススメです。


この「二度目の結婚」は、2005年のヴェネチア映画祭コンペにも
出品された映画です。時は、第二次大戦直後の物語。

不発弾処理の仕事をしていたジョルダーノは、南部のプッリャで
ひっそり暮らしていました。そこへ来たのは、戦死した兄の妻である
リリアーナからの手紙。

彼女への想いを心に抱いていた彼は、彼女とその息子にすぐに
自分のところに訪ねてきてほしいと返信します。

戦時中の爆撃で住む場所もなければ食べるものもないリリアーナと
息子のニーノ。息子ニーノの口車で体を売るなどしてきたリリアーナ。
食いつなぐためには息子ニーノは詐欺まがいのこともしていました。

しかし、そんな二人でもジョルダーノはリリアーナを引きとめ、
結婚まで申し込みます。

時には人をだますような行為をするしないと食べるのにも困る中、
たとえ他人に変な人と思われていても、どんなにだまされようと
好きな人のためならば誠心誠意を持って接する人。

様々な人間関係が織り成す中、どのような結末となるのでしょうか。


心やさしいジョルダーノを演じるのはアントニオ・アルバネーゼ、
兄嫁役のリリアーナを演じるのは、ソプラノ歌手で有名なカティア・
リッチャレッリ。その息子役は、ネーリ・マルコレという個性派揃いの
映画です。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form