2007年03月11日

アレッサンドロ ナニーニ

”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

イタリアF1ドライバー列伝に登場するのは、この人、アレッサンドロ ナニーニ。

イタリア北部、シエナで生まれる。家は、有名な老舗菓子店なんだって。

1986年から1990年までミナルディ、とベネトンで活躍。若手発掘、若手を起用する2チームに所属だね。ミナルディって、弱小チームだけど、いい新人を引っ張ってくるなかなかいいチーム。イタリアのチームだしね。長年にわたって、がんばってきたけれど、いまはF1にいなくなってしまったのが、ちとさびしいね。

で、1988年にベネトンに移籍。このときのチームメイトはディエリー ブーツェン。しぶいチームメイトだ。このときのマシン、B188はなかなかバランスの良い車で、ナニーニも入賞や表彰台を経験。着実なブーツェンとのコンビネーションで、コンストラクターズ4位となる。

1989年は、日本GPで初優勝。おめでとう。

しかし、この勝利は因縁付き。レースでは、セナが真っ先にチェッカーを受けたものの、その後失格となり、繰上げ優勝。オリンピックで言えば、室伏さんみたいだな。

そして、1990年、波乱の年をむかえるのである。


文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form