2007年03月06日

イタリアの昔、年2回のパスタ ?

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・言いませんが^^

イタリアマンマに憧れるこちらイタリーからの今回は、

”パッサテッリ”っていうパスタについて少しお伝えします。


イタリアの昔には、クリスマスと復活祭2回ダケの
ごちそうだった。

いつものパスタとはちょいと違う、


☆パッサテッリ
このパスタは、小麦粉から作られるのでは無く、
固くなったパンで、できています。


★材料
固くなったパン(甘みの無いもの)すり下ろしてパン粉を作る
パルミジャーノ(パルメザンチーズ)

★作り方
このパスタは小麦粉を使わず、すり下ろしたパンと
パルメザンチーズと練り合わせ
さらにといた卵を練り合わせ生地を作る

生地に、スタンポ(穴あきマッシャーの感じのパスタ作り道具)を押しつけて
かき取り、ブロード(濃いめのスープ)でゆでていただく


ハイ!できあがり~


スタンポですが^^穴あきマッシャーのようなこの道具は、
なかなかのすぐれもので押しつけて
パスタがニュッと出てくる簡単な単純な道具です。

イタリア留学大好き~イタリア娘とは・・・言いませんが^^

イタリアマンマに憧れるこちらイタリーからお伝えしました。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form