2007年03月23日

イタリア鉄道の車両のETR500

イタリア鉄道の達人、トレニタリア・トッティです。

今回のイタリア鉄道の車両はエウロスターイタリア(ES)のETR500です。ETR500は、ディレティッシマ(イタリア鉄道の高速新線)を走行を目的として製造されたエウロスターイタリア(ES)の最新車両です。日本で言えば700系「のぞみ」でしょうか。イタリア留学した際に一番利用頻度が高い車両ではないでしょうか。苦学イタリア留学生には高値の華かもしれません。

イタリア鉄道の車両には珍しく振り子式ではありません。フィレンツェローマ間のディレティッシマでは時速300kmで走行しミラノローマ間を4時間半で結びます。ETR500はフランスのTGVやドイツのICEと同じ構造になっており、前後に機関車を配する動力集中方式を採用しています。スイス乗り入れを考えた電力供給システムになっています。ちなみに日本の新幹線は、全車両が機関車になっています。

デザインは、フェラーリ599のデザインなどを手掛けたピニンファリーナです。座席は1等車が1+1の横2席、2等車は2+2の横4席になっています。これぞ!イタリアと言った斬新なデザインの車両がETR500です。イタリア留学した際には、ETR500で高速移動です!!

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form