2007年02月28日

哀愁のフローレンス

イタリア映画の古きよき映画のご紹介。

今回のイタリア映画

哀愁のフローレンス

をご紹介します。


この映画はニューヨークで会社を経営する若くて美しい未亡人のヴィクトリア。イタリア旅行中に出会った男性ヒューゴとの恋の物語。

大口の契約をまとめ、イタリアでの休暇を楽しむことにしたヴィクトリア。「人生を変えてしまう旅になる」という、シチリアでの占いのことばを気にしつつも、偶然の出会いから、強引かつ大胆なアプローチをしてくるヒューゴとフィレンツェで楽しいひとときを過ごす。仕事と恋との間で迷うヴィクトリアは、ヒューゴに別れを告げイタリアを後にするのだが……。

ストーリーはハーレクイン・ロマンスである。そういった気持ちで
見ると楽しめるとおもいます。

主役の二人はフィレンツェの主要な観光スポットを巡るので、ローマを巡るあの映画ほどではないにしても「フィレンツェの休日」を楽しむことができるかと思いますよ。


以下は映画撮影情報です。

ロケ地 / フィレンツェ

サ・ミニアート・アル・モンテ教会 … 教会内部に入る - ウフィッツィ広場 - ヴェッキオ宮 - シニョーリア広場 … 広場の周辺部にある像がかわるがわる映し出される中でなぜかダビデ像だけは、ミケランジェロ広場のダビデ像が映る。- ランツィのロッジァ - ポンテ・ヴェッキオ - ヴェルヴェデーレの要塞 … フィレンツェの街を見下ろすことのできるこのポイントは、ボーボリ庭園に隣接している - サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 - ドゥオーモ - アルノ川


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form