2007年02月27日

イタリア留学で出会ったイタリアピザの魅力 真のナポリピッツァ5

チャオ、皆さん。
イタリアと言えば、本場イタリアピザ、それもナポリのピザでしょう」と
いうくらいにイタリアピザを3度の飯よりこよなく愛するアントニオ山田です。


前回は真のナポリピッツァの「ピザの焼き方」についてお話しました。
イタリアピザを焼くのに最も適した温度の場所を見極める。
ここに職人芸の技ありって感じですね♪
経験を積んだイタリアピザ職人じゃないないとできない技ですね。
ちょっとの温度差で仕上がりが変わってしまうんでしょうね~。


今回も「真のナポリピッツァ」の続きについてお話しますね。
今日はイタリアピザを焼くときの燃料についてです。


「本物のナポリピッツァ」を作るための条件とは?


窯の燃料は薪(まき)あるいは木くずのみ~~~~!!


窯に使う燃料としては「木材のみを燃料とする」ときまっているんですね~。
確かに窯だから木材以外を燃料にしちゃうと窯も傷みそうというもの理由の1つです。
最も大きな理由は木材以外を使うとピザに煙やにおいが付いちゃいますから。
木材といってもなるべくピザの風味に影響の出ない樫とかオリーブが使われます。
あと、木くずを使いますね。


日常にあるガス、IH(電気)、石油は使えません。
これらを使ったピザは、「真のナポリピッツァ」として認められません。
御法度なのですよね~。なにしろ、ピザ職人のこだわりですから!!!


今日はここまでにしますね。
次回はイタリアピザの仕上がりについて書きますのでお楽しみ~。


イタリア留学で、すっかりイタリアピザの虜になったアントニオ山田が
魅力あるイタリアピザについて書きました。チャオ~♪

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form