2007年02月10日

ミケーレ アルボレート

イタル山本の ”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

ミケーレ アルボレート

イタリアF1ドライバー フェラーリドライバー

この人、渋いドライバーにカテゴライズできるな。
で、調べたら、2001年に、ル マン向けの耐久レースで事故のために亡くなっていたんです。知らなかった。当時、筆者はアメリカにいたので、ニュースを耳にしなかったんだね。アメリカではF1て人気ないから。

さて、ミケーレですが、F1は1981 - 1994まで活動。その間渡り歩いたチームは、
ティレル, フェラーリ,ラルース, アロウズ,フットワーク,ローラ, ミナルディ

名門フェラーリに乗ってるんです。他は、中堅チームで、今はないところばっかりです。優勝回数5回、ポールポジション2回、ファステストラップ5回。
いい仕事をする、信頼できるヤツ、そんな人だったんじゃないでしょうかね。

F1に来る前は、1980年ヨーロッパF3でチャンピオンになっています。F1 2年目の最終戦、アメリカGPで初優勝。やっぱり速い人なんですね。

1985年は、フェラーリをドライブ、マクラーレンのアランプロストと優勝争いを演じました。

F1では、速いドライバーが必ずしも成功するとは限らないんですよね。強いドライバーと速いドライバーはイコールではない。
筆者は、スタードライバーより、こういう渋いドライバーが好きなんですけどね。

文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form