2007年02月24日

イタリアの珍味 ボッタルガ

チャオ!

イタリアって、改めて地図を見ると日本と同じように縦長でなんとなく形が似ていますよね。

さて、長崎名産品と同じものが、イタリアでシチリア島に続いて2番目に大きな島、サルデーニャ島でも作られているんですよ!
って、私はサルデーニャ島まで行ったことはないけど。

誰が決めたか、日本で3大珍味と言えば、ウニ、コノワタ、カラスミなんて言われますが、
このカラスミと同じものがイタリアのボッタルガ。

カラスミ同様、魚の卵巣を塩漬けにして乾燥させたものですが、日本ではボラの卵巣がほとんどです。
イタリアでは、マルーカ(シイラ)、トンノ(マグロ)、ムジーネ(ボラ)など、5,6種類もあります。

このボッタルガをそのままスライスして、酒のアテとして食べても良いのですが、
すり下ろしたものをオリーブオイルにいれ、ドレッシングとしても良いですし、
クリーム系のパスタソースの隠し味として使ってもおいしいですよ。


イタリアへ行く時は、イタリア留学中の知人宅に押しかけるお騒がせ人間の”Mieさん”でした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form