2007年02月23日

滞在に必携のもの

海外で滞在するには次のものが必要です。


パスポート・ビザ
旅行の場合でも留学の場合でも、イタリアに行くにパスポートが必要です。
留学前、できるだけ早くパスポートを取得するようにしましょう。また、すでにパスポートをお持ちの方は、有効期限に注意しましょう。 イタリアから日本へ帰国する時点で有効期限の残り期間が90日以上ないといけません。
ビザについて、日本国籍を有している場合、観光目的で90日以内の滞在ならビザは不要です。留学目的の場合、イタリア大使館、または領事館で就学ビザを取得しなければなりません。また、ビザ期限終了後に観光目的で3ヶ月間イタリアに残留することは出来ません。

(1) 有効なパスポート(残存期間が日本再入国予定日から3ヵ月以上あること)とそのコピー(写真を貼ってあるページと重要なページ)
(2) 申請書:パスポートサイズ(4.5cm×3.5cm)の写真を貼付。
(3) 入学許可証:大学のコースへの登録証明書、もしくは公認校での学科または職業教育コースへの入学許可書、あるいは文化・研究活動を行なう機関からの招聘状。オリジナル1部とコピー1部。
(4) 受け入れ先の教育機関が、イタリア政府の公認校であることが判明するような書類(私立校の場合のみ)。公式記録がない場合には、商工会議所もしくはStatuto della Scuolaへの登録証明書を提出してもよい。オリジナル1部とコピー1部。
(5) 生活費の保証書と保証人の実印証明:オリジナル1部とコピー1部。
(6) 奨学金を支給される旨の証明書、あるいは、本人もしくは家族の銀行口座の残高証明書。オリジナル1部とコピー1部。
(7) 保険会社保険証書:ビザ有効期間をすべてカバーする保健、医療、入院費用を保障し、イタリアで有効な保険会社保険証書。オリジナル1部とコピー1部。

ビザの情報は予告なく変更されることも多いので、申請の際は、関係大使館に最新の情報を確認しましょう。


問い合わせ先:
在東京イタリア大使館領事部
 〒108-8302 東京都港区三田2-5-4
 TEL:03-5730-7291  FAX:03-5730-7292
 受付時間: 月~金曜 9:30~12:00 
(管轄地区: 北海道、東北地方、関東地方、山梨県、新潟県、長野県、静岡県、京都府、奈良県、福岡県、佐賀県、大分県)

在大阪イタリア総領事館
 〒540-6131 大阪市中央区城見2-11 ツイン21 MIDタワー31階
 TEL:06-6949-1619  FAX:06-6949-2970
 受付時間: 月~金曜 9:00~12:30 
(管轄地区: 大阪府、富山県、岐阜県、愛知県、石川県、福井県、滋賀県、三重県、和歌山県、兵庫県、中国地方、四国地方、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form