2007年02月19日

オリーブオイルのソムリエ

チャオ!

オリーブオイルのお話です。
オリーブオイルにはワインのように、ソムリエ資格があるんです。
って言っても日本じゃなく、イタリアでの話なんですけれど。


以前の記事にも書きましたが、
土地ごとに様々な個性を持ったオリーブオイルです。
ひとくくりで、扱えるようなモノではないんでしょうね。

また、職人の国イタリアですから、
こだわりを持つものには厳格な決まり事を作り
いい加減なものは認めないのでしょう。

イタリアにはオリーブ油の原産地保証(DOP)制度があります。
オリーブオイルのソムリエ資格は、
この制度を安定させるために確立されていったようなのですが、
評価はワインのそれと同じくらい表現豊かなものです。

「フルーティー」、「ビター」、「辛み」など官能評価の採点項目があり、
これに製法や、酸価度などの項目が加えられ、
オリーブオイルの等級が決められるようです。
また、鑑定士養成のための学校もあるそうですよ。

イタリアへ行く時は、イタリア留学中の知人宅に押しかけるお騒がせ人間の”Mieさん”でした。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form