2007年02月23日

イタリア留学保険:落とし穴

一般的に保険加入は任意です。が、ことイタリアに関しては強制です。
就学ビザを申請する場合には、死亡・治療・救援・賠償費用などについて保険に加入していることを証明する書類が必要となります。したがって必ず保険に加入しなければなりません。また、保険の加入には留学先の入学許可証が必要です。

イタリア留学保険に理解の浅い旅行代理店や保険代理店に不用意に加入し、加入要件に適合してなかった場合、イタリア大使館・領事館で門前払いを喰わされるハメになります。ちなみにイタリア大使館・領事館は東京と大阪にしかありませんから、ビザ取得のために遠方から出向いた人にとっては泣くに泣けないことになります。

また、ビザ取得の際に保険加入を証明する付保証明書が必要になりますが、最低でも英語で書かれたものでイタリアへ留学するんですからイタリア語の付保証明書が絶対です。間違っても日本語で書かれた付保証明書をイタリア大使館・領事館へ持っていってはいけません。
無言で突き返されてオシマイです。日本のお役所の接客が素晴らしいと思える対応です。

さらに、現地到着後、滞在許可証を申請する際にも付保証明書が必要となりますが、この証明書は当然イタリア語で書かれたものでなければいけません。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form