2007年02月20日

ステファノ モデナ 5

イタル山本の ”ザ イタリアンパワー イン モータースポーツ”

イタリアF1レーサー ステファン モデナのその5です。

1992年はジョーダンに移籍。しかし、1992年のジョーダンのマシンは、パフォーマンスが暇ひとつ。なんと、4度の予選落ちも経験してしまったんですな。
結局、モデナは、1993年のF1シートを得ることができなかったのです。

ちなみに、1992年のジョーダンは、ヤマハV10エンジンを搭載しています。ですが、昨年のフォードV8エンジンのマシンをベースにしていたため、ラジエターの容量不足によるパワー不足や、ギアボックスの問題などが出たようですね。

う~ん、才能や力があっても、めぐり合わせや境遇によって、人生は大きく変わるものです。壊しやと言われたチェザリスは、長くF1シートを確保できた一方、才能を期待されたモデナは、シャイで根暗なイタリアンとして、F1を去っているのです。

文責:イタル山本:若かりしころ、イタリア留学を夢見るも果たせず。90年代後半をニューヨークで過ごし、その間結婚、新婚旅行イタリアならぬ日本の温泉。その後アメリカで生まれた子供と3人で、イタリア旅行を果たした。F1やWGP好きのオヤジである。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form