2007年02月28日

白ワインの作り方

イタリアに留学したら本場のワインを味わい
たいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を
身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を
味わえるものです。


ワインの造り方
ワインをグラスに注いで、白いテーブルクロスの上で斜めにして色を見てみましょう。無色透明なもの、麦わら色やレモンイエローの様に薄い黄色のもの、輝くような黄金色をしたもの、様々ですね。でも赤い色は付いていません。

ワインは普通実の色が赤くない葡萄を使います。そして赤ワインと違って葡萄の皮は発酵前に取り除いてしまいます(黒葡萄でも果肉は白いので直ぐに皮を取り除くことによって、黒葡萄からも白ワインが作られます)。


【収穫】

先ず収穫です。赤ワインと違うのは白葡萄を収穫することと、白葡萄の熟す時期が黒葡萄と違うため収穫の時期が違うくらいであとは同じです。

【選果】

そして選果、破砕は赤ワインと同じです。赤ワインと違うのは破砕の後、プレスしてここで葡萄の皮や果肉などと果汁を分離してしまうことです。この作業によって色の付かない白ワインとなるのです。

【アルコール発酵】
そしてアルコール発酵を行います。最近はフレッシュ&フルーティな味が好まれるため低温で発酵させる方法も盛んです。一方、マイルドな味に仕上げたい場合は続いて乳酸発酵を行う場合もあります(ブルゴーニュの白ワインに良く見られます)。

【オリ引き】
発酵が終了すると、オリ引きを行います。白ワインでも果汁のなかに懸濁物質を含んでいますので、オリを沈降させて上澄みだけを取り出します。このあと樽熟成を行うワインと、直ぐに瓶詰してしまうワインとに分かれます。ボディのある重厚なタイプに仕上げる場合は樽熟成を行う場合が多いと言えます。一方、フレッシュ&フルーティなワインはそのまま瓶詰めして出荷します。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form