2007年02月28日

甘口ワイン2遅摘みワインとアイスワイン

イタリアに留学したら本場のワインを味わい
たいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を
身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を
味わえるものです。


【遅摘みワイン

ボトリティス・シネレア菌がつかなくても、完熟した葡萄を収穫せずにそのまま木につけたままにしておくと、乾燥した天候が続くとだんだん干しぶどうの様な状態になっていきます。
この生乾き干しぶどう(?)からワインをつくると糖分が濃縮されているため、やはり甘口ワインができあがります。この方法で造る甘口ワインが遅摘みワインです。

フランスですとボルドーを流れるガロンヌ河、ドルドーニュ河の上流にあたる地区の一部(ベルジュラックなど)やドイツのシュペトレーゼ、アウスレーゼ、ベーレンアウスレーゼなどがこれに当たります。貴腐ワインの場合、ボトリティス・シネレア菌による独特の風味がつきますが、遅摘みワインにはありません。
 
ただしドイツのアウスレーゼ、ベーレンアウスレーゼの場合はボトリシス・シネレア菌の助けを借りて糖度を上げていることが多く、この意味で純粋な遅摘みワインとは言い切れない部分があります。実際、良いアウスレーゼで貴腐香を感じることがあるのはこのためです。

【アイスワイン


遅摘みワインをつくっている間に猛烈な寒波がやってくると葡萄が木に付いたまま凍ってしまう事があります。この凍った葡萄の実を凍ったまま絞ると水分が凍っているため、濃厚な葡萄ジュースがとれます。これから造ったワインがアイスワインです。
ドイツのアイスヴァインが有名ですが、他にもカナダ、アメリカ合衆国、オーストリアなどでも造られています。かつては出来の悪い葡萄の起死回生に使われた事もありましたが、現在は十分に熟した葡萄から造るようになっています。

遅摘みの葡萄が凍るわけですからトロッケンベーレンアウスレーゼと同じくらいの糖度になりますが、ボトリティス・シネレア菌の影響が無いため貴腐ワインとは違った風味のワインとなります。天候にも左右される貴重なワインですので、大変高価です。葡萄を収穫するのは気温の低い夜中から朝方ですし、葡萄を絞ると氷の固まりの様になってしまうのでプレス機を止めてハンマーでこの氷の固まりを砕きながらという作業が行われたりもします。
もうひとつクリオ・エキストラクションという方法があります。これは人工的に葡萄を凍らせてアイスワインにしてしまおうという試みです。日本でもこの方法で造られたワインがあります。でもやはり自然の力にはかなわないのでしょうか。本物のアイスワインとはちょっと味わいが違うようです。もちろん値段も違いますね。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form