2007年02月28日

ワインの造り方について

イタリアに留学したら本場のワインを味わい
たいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を
身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を
味わえるものです。

今回はワインってどうやって作るの??っということで
ワインの造り方についてです。


ワインの種類と言うと、何を想像されますか? 赤ワインと白ワイン、ロゼワインもありますね。そうそうシャンパンもあったっけ。あとは~~...。

でも、ここまで言える方は普通の人よりちょっと物知りかもしれません。

さて、ワインというのはご存じの様に葡萄を発酵させて造ります。他には少量の添加物を使うだけで、水を加えたり他の原料を混ぜたりすることは基本的にありません。
発酵に使う酵母ですら、かつては葡萄に自然に付いた物を使っていました(今もヨーロッパの特に赤ワインは自然の酵母を使っています)。ですから生鮮食品である果物がそのままお酒になったものと言えるでしょう。

ワインの種類ですが、先ず赤ワインと白ワイン、ロゼワインに分けられます。

そしてシャンパーニュの様に発泡するスパークリング・ワインがあります。この他にポルト、シェリー、マデイラの様にブランデーなどを添加しアルコール度を高くした酒精強化ワイン、ヴェルモットのようにハーブなどで香りをつけたフレーバード・ワインがあります。


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form