2007年02月28日

ワインの温度3

イタリアに留学したら本場のワインを味わい
たいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を
身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を
味わえるものです。

甘口白ワイン、シャンパンなど発泡酒の場合

ソーテルヌなど極甘口のワインの場合は2℃から6℃と思いっきり冷やします。シャンパーニュなど発泡酒の場合もこのくらいまで冷やしてお楽しみください。
氷水で冷やした場合では20分以上、冷蔵庫だと庫内が4℃くらいですから丸1日冷やしてちょうどいいくらいです。

さて、以上のような温度を調整するための目安として、「18℃の赤ワインを23℃の室内に置いた場合の温度変化」と「18℃の白ワインを氷水の入ったワインクーラーに首まで浸けた場合の温度変化」をグラフにしてみました。

さあ、あなたもいつものワインをちょっと美味しくしてみましょう。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form