2007年02月28日

イタリアワイン ぶどうの種類2

イタリアに留学したら本場のワインを味わい
たいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を
身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を
味わえるものです。

西アジア原産の葡萄はもう一つ東の方向にも広がり中央アジア、中国を経て日本にも伝えられています。
甲州という葡萄はこの東アジア系の葡萄で
日本原産の数少ないヨーロッパ系の葡萄です。

一方でアメリカ原産の葡萄があります。
ヴィティス・ラブルスカという系統とヴィティス・リパリアという系統です。
この葡萄は醸造用に向かないのですが、
ヴィティス・リパリアはワインの歴史でお話した
葡萄の害虫「フィロキセラ」に対して抵抗力が
あることから現在では台木としてヨーロッパ系の
葡萄を接ぎ木する場合に広く使われています。
ヴィティス・ラブルスカは生食やジュースに
するのに向いています。

もうひとつヴィティス・アムレンシス
という系統もあり東アジアで少しだけ栽培されています。
日本の十勝ワインの一部にも用いられています。


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form