2007年02月28日

【ワインの歴史】フランク王国

イタリアに留学したら本場のワインを味わい
たいものです。
イタリア留学した際に是非ワインの知識を
身につけて充実したイタリア留学をエンジョイしましょう。
イタリアワインを味わってこそ、イタリア留学の醍醐味を
味わえるものです。


フランク王国
その後、西ローマ帝国が滅亡しガリア地方は
今のドイツのフランケン地方に住んでいたフランク族が
移動してきてフランク王国が建設されます。

AD768年にはワイン中興の祖と言われるシャルルマーニュ大帝が
フランク国王となり、今のドイツからスペインにわたる広大な
領地を誇りワイン造りも大いに発展しました。

一方でキリスト教で聖餐用に用いられるワイン
特にベネディクト派やシトー派の布教活動と
共に各地に広がっていきます。
その中でもブルゴーニュ地方はシトー派の修道院によって
多くの葡萄畑が開墾されブルゴーニュ公国の繁栄とともに
その名声も高まっていきます。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form