2007年02月28日

クオ・ヴァディス、ベイビー?

イタリア映画でサスペンスでテーマが良い映画といえば

「クオ・ヴァディス、ベイビー?」

という映画がおススメ。女性私立探偵の日々を追いかけたプライベート・
タッチの映画となっています。

ボローニャに住む探偵ジョルジアは、仕事と酒三昧の日々の合間に、
女優志望だった美人の姉アダが自殺した秘密を探っているという
ところから話が始まります。


ジョルジアのもとに16年前に自殺した姉アーダが撮影した大量の
ビデオカセットが届きます。
このビデオから浮かび上がるのは意外な真実・・・。


ジョルジアは、送られてきたビデオをもとに、16年前に自殺した
姉の状況を暴いていくというストーリーなのですが、ビデオや映画を
観ている人物が中心となっています。


サスペンス的な要素もありながら、あくまでテーマとしては姉妹、
父娘の関係が核となっています。


「ぼくは怖くない」という映画で有名になったサルヴァトーレス監督の
新しい手法の映画です。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form