2007年02月26日

イタリアの歴史006古代ローマ06(王政ローマの崩壊)

ローマの最初の王となったロムルスですが、
やがて紀元前715年のある日、閲兵中に大雨が降り、
その雨が上がった時には見えなくなり、
この時に王は死んだとされています。

ロムルスが亡くなった後も、
数代の王によって領土を拡大していったローマですが、
やがて崩壊し始めます。

伝承では、5代目以降の王は
全てローマ人ではなくエトルリア人で、
ローマはエトルリアの属国に成り下がった、
と考える市民も多くなりました。

さらに、最後の王とされるタルクィニウスは、
のちに傲慢王(スペルブス)と呼ばれ、
前王の葬儀を禁止した上、先王派の議員を全員殺し、
即位にあたって、市民集会の選出も元老院の承認もありませんでした。


イタリアに留学するなら、イタリアの歴史について学んでから行った方が、
何倍も楽しめますよ!

留学中に各地の世界遺産や歴史的建造物、
美術品を見て回る時に、
役立つような内容を毎回書いていきます♪

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(イタリアドットアクセス~イタリア留学を支援する情報サイト にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form